フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 首にも忘れずUVケアを | トップページ | 毛穴落ちの原因と対策 »

2012年5月28日 (月)

乾燥ジワ対策

金曜日の夜、諸用で福岡の天神(繁華街)に久しぶりに出ました!
あまりにも浮かれすぎて、飲んでいるにも関わらず夜中に幼なじみの友人と合流し、結局朝まで飲んで友人宅でグロッキー。
化粧を落とさず寝てしまったため、起きた顔はひどいもんでした。


お酒+化粧を落とさないコンボはテキメンに肌に出ます!
もう若い頃とは違うのだから、節制して、お肌の手入れは少なくともその日のうちにしないとダメよね。
と痛感した土曜日でした。



さて、紫外線の量は5月〜7月がピークなのだそうです。
強い日差し!といえば8月なような気がしないでもないのですが(私だけ?)
でももうすでに紫外線がピークになる時期に差し掛かっています。


そこで気になるのが日焼けや、空調(冷房)による乾燥です。
今回はシワに焦点を当てたいと思います。


シワの種類は大きく分けて考えると、乾燥ジワ・表情ジワ・真皮のシワの3種類があります。


■乾燥ジワ
目元などによくみられる浅く細いシワ。ちりめんジワとも呼ばれます。乾燥が主な原因です。
■表情ジワ
顔の表情が変わるごとにできるシワ。若い健康な肌の場合は表情を戻せば元に戻ります。
■真皮シワ
通常の状態ではっきり溝状態で見えるシワ。加齢によるシワがコレに当たります。一度刻まれると簡単には取れません。


シワが出来た〜と悩んでいる方も多いと思いますが、実は20代後半〜30代にみられるシワは、ほとんどが乾燥ジワなのです。


乾燥ジワと真皮まで入ってしまったシワの判別はカンタン。
入浴・洗顔後に鏡を見て、消えているのが乾燥ジワです。
こちらの乾燥ジワなら、真皮まで根深く刻まれているものではないので、日々の丁寧なケアで簡単に薄くすることが可能です。


「毎日保湿系の基礎化粧品を使って、しっかり保湿しているつもりなのに乾燥ジワが出ちゃうよ!」
という方。


もしかしたら肌に必要なだけの量を与えていないかもしれません。


一度夜のスキンケアの時に、化粧水や乳液、クリーム(または美容オイル)を「ちょっと多すぎるんじゃない…?」という位たっぷり塗ってそのまま眠ってみましょう。
最初はベタついていると思いますが、朝起きて肌がサラっとしていたら、それだけの量が必要だということだそうです。


顔の中でも、額や目の下、口元だけ乾燥する…という混合肌の方も居ると思うのですが、その都度肌の状態をチェックしながら量を調節して乾燥ジワの対策を行いましょう。


週に数回、乳液や椿油でパックするのもおすすめです。


乾燥ジワといえど、進行すればするほど改善は難しくなってしまいますので、


しわを作らない!
これ以上、進行させない!
 


このふたつを普段から心がけて行きたいものですね。


ぜひ一度お試し下さい。



------------PR------------------------------------------------------------------

夏でも「椿油」はおすすめです。

Goods_oil_2

油というと、焼ける、べたつく、肌に良くない、などのイメージがあるかもしれません。
ですが、椿油は動物性の油や石油系の油と違い、人の皮脂と同じ成分の「オレイン酸」を豊富に含んでいる為、肌表面に負担を与えることが少なく、また表皮にバリアのような油膜を張ることで、水分蒸発による乾燥を防ぎ、肌をすべらかに保つと言われています。

また、「椿乃華カメリアオイルゴールド」は何度も精製して、基準よりも純度の高い椿オイルとなっております。
不純物や精製度の低さが原因で起こる油焼け等の心配はありません。

まずは無料サンプルから試してみて下さい↓
http://tsubakinohana.net/randing/index.html

商品のお買い上げは、「お買い物(椿乃華オンラインショップ)」へどうぞ!
http://buneitsubaki.shop-pro.jp

« 首にも忘れずUVケアを | トップページ | 毛穴落ちの原因と対策 »

スキンケア」カテゴリの記事

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

椿乃華

椿乃華