フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 普段から乾燥しないような肌づくりを | トップページ | ミニソープセット新発売 »

2012年1月31日 (火)

化粧水を効果的に使うために

最近乾燥に耐えられないのか、日中唇がかさかさして皮がむけてしまいます…


リップクリームを塗っても乾く乾く。


何か飲んだりしたときはこまめに塗り直すと良いのでしょうけれど、習慣になっていないのでつい忘れがちになってしまいます。
せっかく材料も揃っていることですし、今夜は「はちみつ+椿油パック」を実践しようと思います。


さて、この乾燥の季節、唇だけでなく、化粧水を与えても与えても肌が潤わないような…。と感じることはありませんか?


お風呂から上がってすぐ付ける!とか、付ける量を増やす!とか、ローションパックをする!
などなども有効な手段ですが、それよりもまず、化粧水の原点に返ってみることをオススメします。


その原点とは、汚れをしっかり落とすことです!


冬は特に、肌が乾燥して乾いていたり、代謝が悪くなって肌表面に古い角質が溜まりやすくなりますので、肌はごわごわしがちです。
以前のブログで、「乾いてヒビ割れた土地(肌)に水をあげても、土(肌)は水を吸収しません。」と書いたのですが、そんな状態の肌に水を与えても浸透しないのは当然ですよね。


そんなときは、洗顔を徹底するという原点に返ってみましょう。
洗顔剤が肌に残らないように、ぬるま湯で20回~30回以上洗う。
(目安として、自分の体温より低めのぬるま湯が理想です。)
洗顔料はたっぷり泡立て、肌をごしごしこすらない
タオルで拭くときも、そっと水分を吸い取らせるように押さえる。


また、コットンで付けるか手で付けるかは好みで良いかと思いますが、化粧水のテクスチャーによって使い分けるという方法もアリです。


水っぽい化粧水の場合、手指の間から化粧水が漏れたりするのでコットンを使うとか。
また、ややトロミがある化粧水の場合は手で使う、などなど。
(個人的には摩擦で肌の表面に細かいキズを作るのが嫌なので、コットンは使わない派です。)


また、化粧水の浸透をUPさせたいのなら、蒸しタオルで顔をあたためる方法もオススメです♪
→「蒸しタオル活用法」を読む。


肌がふんわり柔らかくなって、化粧水が浸透しやすくなりますよ。



------------PR------------------------------------------------------------------

化粧水&乳液60ml新発売!

Photo
お買い上げはコチラ

http://tsubakinohana.net/campaign.html


1/12~2/21まで、「新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE」

4階のmonovaにて、椿乃華を出展いたしております。

Monova

商品は、椿油・シャンプー&リンス・スキンクリーム・マイルドソープの4点です。
東京にお住まいの方は良かったら覗いてみてください。
椿油・クリームに関しては、お試し出来るサンプルも設置しています。

椿乃華公式サイト
http://tsubakinohana.net/

椿油の無料サンプルはこちらから↓↓

http://tsubakinohana.net/randing/index.html

« 普段から乾燥しないような肌づくりを | トップページ | ミニソープセット新発売 »

スキンケア」カテゴリの記事

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

椿乃華

椿乃華