フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

化粧水を効果的に使うために

最近乾燥に耐えられないのか、日中唇がかさかさして皮がむけてしまいます…


リップクリームを塗っても乾く乾く。


何か飲んだりしたときはこまめに塗り直すと良いのでしょうけれど、習慣になっていないのでつい忘れがちになってしまいます。
せっかく材料も揃っていることですし、今夜は「はちみつ+椿油パック」を実践しようと思います。


さて、この乾燥の季節、唇だけでなく、化粧水を与えても与えても肌が潤わないような…。と感じることはありませんか?


お風呂から上がってすぐ付ける!とか、付ける量を増やす!とか、ローションパックをする!
などなども有効な手段ですが、それよりもまず、化粧水の原点に返ってみることをオススメします。


その原点とは、汚れをしっかり落とすことです!


冬は特に、肌が乾燥して乾いていたり、代謝が悪くなって肌表面に古い角質が溜まりやすくなりますので、肌はごわごわしがちです。
以前のブログで、「乾いてヒビ割れた土地(肌)に水をあげても、土(肌)は水を吸収しません。」と書いたのですが、そんな状態の肌に水を与えても浸透しないのは当然ですよね。


そんなときは、洗顔を徹底するという原点に返ってみましょう。
洗顔剤が肌に残らないように、ぬるま湯で20回~30回以上洗う。
(目安として、自分の体温より低めのぬるま湯が理想です。)
洗顔料はたっぷり泡立て、肌をごしごしこすらない
タオルで拭くときも、そっと水分を吸い取らせるように押さえる。


また、コットンで付けるか手で付けるかは好みで良いかと思いますが、化粧水のテクスチャーによって使い分けるという方法もアリです。


水っぽい化粧水の場合、手指の間から化粧水が漏れたりするのでコットンを使うとか。
また、ややトロミがある化粧水の場合は手で使う、などなど。
(個人的には摩擦で肌の表面に細かいキズを作るのが嫌なので、コットンは使わない派です。)


また、化粧水の浸透をUPさせたいのなら、蒸しタオルで顔をあたためる方法もオススメです♪
→「蒸しタオル活用法」を読む。


肌がふんわり柔らかくなって、化粧水が浸透しやすくなりますよ。



------------PR------------------------------------------------------------------

化粧水&乳液60ml新発売!

Photo
お買い上げはコチラ

http://tsubakinohana.net/campaign.html


1/12~2/21まで、「新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE」

4階のmonovaにて、椿乃華を出展いたしております。

Monova

商品は、椿油・シャンプー&リンス・スキンクリーム・マイルドソープの4点です。
東京にお住まいの方は良かったら覗いてみてください。
椿油・クリームに関しては、お試し出来るサンプルも設置しています。

椿乃華公式サイト
http://tsubakinohana.net/

椿油の無料サンプルはこちらから↓↓

http://tsubakinohana.net/randing/index.html

2012年1月30日 (月)

普段から乾燥しないような肌づくりを

諸用があり土・日曜日に実家の長崎へ帰省していました。


この時期は丁度ランタンフェスティバルの季節。
というわけで夕方からいそいそ行ってきたのですが、「ランタンフェスティバル」とは、中国の旧正月を祝う行事「春節祭」を起源とする長崎の冬の一大風物詩です。

http://www.nagasaki-lantern.com/

002


会場一帯に極彩色のランタンが敷き詰められているかのようでした。
綺麗です。


003005

今年は辰年のためか、龍のモチーフが至る所にありましたよ。
とっても迫力があります。


004


異国情緒というか、本当に違う国に迷い込んだかのような錯覚に陥りました。
2/6までなので、長崎に行く予定の方は是非行ってみてください。


長崎はイベントが多くて良いなぁ…



さて今日の本題です!今回はお肌の乾燥について。


乾燥についてはこのブログでも多く言及してきましたが、今日は体の乾燥編です。
綺麗な肌を保つ上で、肌の乾燥は本当に悩みの多い肌トラブルの1つですよね。


かさかさした手触りに、かゆみなどの症状、それからシミやシワの原因にもなります。


乾燥したときは保湿効果の高いスキンケア商品を使おう!こまめにクリームを塗ろう!
…となってしまいがちですが、それはあくまでも対処療法的な意味合いが強くなってしまいます。


普段から美肌を保つために、日常生活からできることを実践して、普段から乾燥しないような肌づくりをしたいですね。



■お風呂編
この寒い季節、お風呂の温度を熱めに設定する〜という方も多いのではないでしょうか。
しかし、いくら体が冷えているからといって、熱すぎる湯温は禁物です。
熱いお湯は皮脂をよく溶かすため、角質層に備わるバリア機能を低下させます。
表皮を保護する皮脂がなくなれば、肌の水分が蒸発しやすくなり、乾燥肌の悪化を招くことがあります。

必ず38~40度程のぬるま湯で、体の芯までじっくり温めるために半身浴がオススメです。
→「お風呂は肌を美しくする?」を読む


また、保湿成分のある入浴剤を使うのも一つの手です。
入浴後のお肌はとても乾燥しやすい状態になりますが、これらの入浴剤を使用することによって入浴後の肌の潤いが違ってくるので、お気に入りの入浴剤を見つけてみて下さい♪
さらに、体を洗う時は出来るだけ肌に刺激の少ない石鹸やボディーソープを使用することをおすすめします。
ナイロン製などの固いタオルでごしごしこすって洗うことは絶対に避けて下さい。
→「こすってはいけない!」を読む。


ごしごしこすると、汚れは落ちている感じがしますが、お肌が必要以上に刺激されて更に乾燥の原因になってしまうのです。
実は強くこすらなくても、肌触りのよいコットンタオルを使用したり、そのまま手にボディーソープをとって洗ったりするだけでも汚れは十分に落とすことができるのです♪



■洗顔編
顔を洗う時も同様で、洗顔時はお肌への刺激を極力少なくするために、まず洗顔料を手にとり、泡立てネットなどを使ってしっかりと固めの泡を作りましょう。


その際ごしごしと摩擦しながら洗うのは避け、泡と肌が触れるか触れないかのところで優しくなでるように洗うのがポイントです。
洗い流す時は熱いお湯を避け、自分の体温より低めのぬるま湯で洗いましょう。


洗顔後は、すばやくタオルで水分をふきとってくださいね。
ふき取る際もごしごしと摩擦することは避け、タオルをそっと押し当てて水滴を押さえるようにするのがベスト。
入浴・洗顔後にお肌をそのまま放置しておく時間が長ければ長いほど、肌はどんどん乾燥していきます。
特に乾燥しやすい部分に、すばやく化粧水・乳液などを与えて乾燥を防ぎましょう。


椿油を使った乾燥防止のボディケア方法はコチラ↓↓
http://tsubakinohana.net/bodycare.html



------------PR------------------------------------------------------------------

1/12~2/21まで、「新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE」

4階のmonovaにて、椿乃華を出展いたしております。

Monova

商品は、椿油・シャンプー&リンス・スキンクリーム・マイルドソープの4点です。
東京にお住まいの方は良かったら覗いてみてください。
椿油・クリームに関しては、お試し出来るサンプルも設置しています。

椿乃華公式サイト
http://tsubakinohana.net/

椿油の無料サンプルはこちらから↓↓

http://tsubakinohana.net/randing/index.html

2012年1月27日 (金)

静電気が起こすダメージヘア

今日は朝から雪がぱらついていて、お陰さまで出勤中体の芯から冷やしてもらいました。
気温にして5度。
-20度とか、鼻水が凍って危ないとか、バナナで死ねるとか、冷蔵庫は凍らないためにあるとか、窓が2重とか
そんな大雪で困っている地方の方々にはこの程度の寒さで本当に申し訳ない、5度も気温があって本当に申し訳なさ過ぎますが
寒い!寒すぎるよ!!(←心の叫び)
※たぶん福岡より寒い地方では生きていけません…


さて、今日は日頃から私も悩んでいる髪の毛の静電気に関するお話です。
冬のこの時期、多くの女性が、顔に髪が張り付いたり、髪の毛が逆立ったり、ブラッシングの時にバチバチと傷みが走ったり、静電気に悩まされた事がある人も多いのではないでしょうか。


たかが静電気と小馬鹿にするなかれ、乾燥している髪の毛にブラシをかけると、時には「2万ボルト」以上の電気が流れるそうです。


これの原因は、冬場は空気が乾燥してるから…。

乾燥についての弊害は、このブログでも度々ご紹介させていただきましたが、髪の毛に発生する静電気も例外ではありません。


夏場は比較的湿度が高く、汗をかくので、水分を伝って放電します。
それとは逆に、冬場は空気も髪も乾燥しており、汗もかかないので、静電気が起きやすい環境だということです。


乾燥してしまった髪はブラッシングしている時のブラシと髪の摩擦や、髪同士の摩擦により静電気が発生しやすく、いつも帯電している状態となってしまいます。
この状態の髪は大変広がりやすく、パサつきが目立ち、しかも髪の毛がダメージを受けてキューティクルが破損し、アミノ酸や水分などの髪内部の必要な成分が流出してしまいます。


そうなると、髪の内部がスカスカになり、さまざまなダメージに対する抵抗力が弱くなってしまうのです。


また髪の毛の乾燥が原因で引き起こされるものはダメージヘアだけでなく、空気中に漂っているチリやホコリ、ゴミ、雑菌まで引き付けている状態になってしまい、枝毛、切れ毛、抜け毛などの大きな原因にもなるのです。


静電気対策として、相性の悪い服の着合わせを避けること(化学繊維は特に静電気を起こしやすいそうです)。
詳しい着合わせはこのサイトに載っていました。
http://www.garafaku.com/ele/03action/hold03.html


それと、髪の毛に関して言うと、プラスチックで出来たブラシなどを避けることでしょうか。


天然の豚毛・猪毛で出来たブラシは静電気予防になるといいますが、動物の毛はキューティクルがあるので摩擦を引き起こしてしまう事もあるようです。
心配な方は市販の帯電防止ブラシなどを使うと良いかも知れません。

また、スタイリングの時に「椿油」を髪になじませると静電気を予防してくれます。


椿油を直接髪に使うのは苦手…という方も、自分で「椿ウォーター」を作ってみて下さい。
カンタンにできるのでオススメです♪
http://tbknohana.exblog.jp/16319155/



------------PR------------------------------------------------------------------

1/12~2/21まで、「新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE」

4階のmonovaにて、椿乃華を出展いたしております。

Monova

商品は、椿油・シャンプー&リンス・スキンクリーム・マイルドソープの4点です。
東京にお住まいの方は良かったら覗いてみてください。
椿油・クリームに関しては、お試し出来るサンプルも設置しています。

椿乃華公式サイト
http://tsubakinohana.net/

椿油の無料サンプルはこちらから↓↓

http://tsubakinohana.net/randing/index.html

2012年1月26日 (木)

続・冬の脱水症状・インフルエンザ対策

今月のはじめに「冬の脱水症状」という記事を書いたのですが、今日はその追加記事を。


乳幼児が脱水症状を起こす最も多い季節は、実は2月だそうです。
脱水症状は体から水分が減った状態を指すイメージがありますが、実際には身体から体液が減少することをいいます。
体液には水分だけではなく塩分などの電解質が含まれています。
ですので、脱水症状を起こすと、体から電解質と水の両方が減少してしまうそうです。


寝る前と、起きる前に真水を一杯づつ飲むと良い、と書きましたが、最も良いのは電解質の含まれた経口補水液とのこと。
体の水分が少なくなっているときに真水を飲んでしまうと、急速に水分が体内に入ることで体液が一気に薄まり、その結果、体液の浸透圧が急速に下がります。
そうなると、体は浸透圧のバランスを取ろうと、補給した水を尿や汗として排出してしまう「自己脱水」の症状が起こるそうです。


「大塚製薬 経口補水液 OS-1」
http://www.os-1.jp/
「和光堂 アクアライト」
http://www.wakodo.co.jp/product/babyfood/drink/aqua/


万が一、冬に脱水症状になった場合は、まず経口補水液を補給するようにしましょう。自宅に数本常備しておくと便利かもしれません。
(夏の熱中症と違って体を冷やす必要はありません。)
それから念の為医師の診察を受けてください。



今の時期、乾燥すると脱水症状だけでなく、インフルエンザも心配ですね。
特に小さなお子様がいらっしゃる家庭では、神経を使う季節ではないでしょうか。


ウイルスは比較的乾燥に強いことが知られています。
また、乾燥状態が続くと、喉や気管支の防御機能が低下するため、インフルエンザウイルスによる感染が起こりやすくなります。
そのため、乾燥しやすくなる冬季にウイルスによる感染を防ぐ方法として、室内では加湿器を使う、もしくは濡れたバスタオルを3枚ほど干すなどして、適正な湿度を保つことが重要だそうです。
加湿器の水は頻繁に取り替えるようにしましょう。


では冬の部屋の理想的な温度・湿度ですが、
部屋の温度は20〜23度、湿度50-70%を目標に。
部屋の温度を25度以上にあげると空気が乾燥して喉や鼻も乾燥するので逆効果だそうです。
さらに、ウイルスの増殖を防ぐには湿度がとっても重要で、湿度が40%以下に下がるとウイルスが急激に増えるというデータがあります。


湿度計などを使って、部屋の中を適度に調整すると良いようですね。


今はこんな便利な温度計・湿度計がありますので一台持っておくと便利かもしれません。


「タニタ 季節性インフルエンザ予防温湿度計」
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20111004_481512.html

「EMPEX 季節性インフルエンザ感染防止目安湿度計」
http://www.empex.co.jp/products/influenza/



------------PR------------------------------------------------------------------

1/12~2/21まで、「新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE」

4階のmonovaにて、椿乃華を出展いたしております。

Monova

商品は、椿油・シャンプー&リンス・スキンクリーム・マイルドソープの4点です。
東京にお住まいの方は良かったら覗いてみてください。
椿油・クリームに関しては、お試し出来るサンプルも設置しています。

椿乃華公式サイト
http://tsubakinohana.net/

椿油の無料サンプルはこちらから↓↓

http://tsubakinohana.net/randing/index.html

2012年1月25日 (水)

デトックスとリンパマッサージの効果

来週末ちょっとした検定試験があるので、帰宅して少しの時間を必死で勉強に当てています。
夢中になると時が経つのは早いですね。
早く寝ようと思っていても、何故かいつもより遅い時間…(の繰り返し)


寝不足で肌にもよくなさそうな今日この頃です。



さて、昨今よく聞く「デトックス」と言う言葉。
ご存じの方も多いとは思いますが、デトックスとは「解毒」という意味だそうです。
本来は、アルコールや麻薬による中毒を治療するという意味で使用されていた単語とのこと。


美容系で使われ始めたのはここ数年の間だと思うのですが、
人体に対して悪影響を与える有害物質を体外に排出することを、「解毒」という意味合いでデトックスと呼んでいることが多いようです。


端的に有害物質と言っても、アンモニアや硫化水素などをはじめとする老廃物からダイオキシンや水銀、鉛、アルミニウムなどといった有害金属などさまざまですが、これらの毒素を体外に排出することをまとめて「デトックス」でOKみたいですね。


また、このブログでもよくご紹介をさせていただいているリンパマッサージ自体が、デトックスと呼ばれることも少なく有りません。
リンパマッサージは、毎日行うことで効果を高めることが出来ますし、健康増進にも繋がりますのでオススメです♪


「リンパ」とはリンパ系の総称で、リンパ管は静脈に沿うように体中に張り巡らされています。
リンパ管が集まっているジョイント部分のリンパ節は、鎖骨やわきの下、ひじ・ひざの裏、腹部、耳の前、脚のつけ根などにあります。


マッサージをすることでリンパ液の流れを活性化させ、必要以上にたまった老廃物や毒素を心臓の近くまで戻し、血管と合流させて腎臓から尿として排出させることができます。
これがいわゆるリンパマッサージによる「デトックス」ですが、毎日継続して行うとアンチエイジング効果もあるそうですよ♪


さらに、リンパ液は冷え性、血行不良、免疫機能の改善に重要な役割を果たしています。
ですが、日々の生活の中でリンパ液はとても流れにくくなってしまっているので、流れにくくなった循環を改善して健康な体を作るためにも、リンパマッサージはとても有効です。


また、リンパマッサージはデトックスだけではなく、続けることでダイエット効果もあるといわれており、体全体をを引き締めてバランスの取れた理想的なボディラインへ近づけてくれるとのこと♪shine
是非毎日の生活に取り入れてみてください。


最後に、リンパ液は皮膚の表面近くを流れているので、皮膚に軽く刺激を与えるだけでリンパ液の循環を促進することができます。
ですので、強い力でマッサージする必要はありません。


椿油などで摩擦を軽減し、優しくマッサージをしてくださいね。



■リンパマッサージの過去記事

小顔美人になるリンパマッサージ法
http://tsubakinohana.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-ffce.html

目元ぱっちりリンパマッサージ
http://tsubakinohana.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-76b7.html

脚やせを考える
http://tsubakinohana.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-3cec.html

太ももを上手く痩せさせるための椿油マッサージ
http://tsubakinohana.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-0154.html

ぽっこりお腹解消リンパマッサージ
http://tsubakinohana.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-2148.html



------------PR------------------------------------------------------------------

1/12~2/21まで、「新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE」

4階のmonovaにて、椿乃華を出展いたしております。

Monova

商品は、椿油・シャンプー&リンス・スキンクリーム・マイルドソープの4点です。
東京にお住まいの方は良かったら覗いてみてください。
椿油・クリームに関しては、お試し出来るサンプルも設置しています。

椿乃華公式サイト
http://tsubakinohana.net/

椿油の無料サンプルはこちらから↓↓

http://tsubakinohana.net/randing/index.html

                   

2012年1月24日 (火)

寒さから肌を守るメイクアップ

2月のはじめに皮膚科でちょっとした手術を受ける羽目になりまして、昨夜説明を受けてきました。

それはいいのですが、昨夜布団に入ってからリアルに麻酔針が刺さるところを想像してしまい。


普段刺さらないところに針が刺さるところを想像したら怖いのなんのって!
ドツボにハマって恐怖で目が覚めてしまい、布団の中で2時間ほど悶え苦しみました(想像で)
なんというか…深夜に自分で自分を追い詰め続けるという…全く生産性のない妄想力にびっくりです。
健康って大切ですね。


さて、今日は福岡でも珍しく雪が降っています。
部屋の中から見る分にはものすごくテンション上がりますが(子供か)、雪慣れしていない地方では交通機関等色々と大変なようです…。


こんな寒い日にはメイクアップをきちんと!というと違和感があるかもしれませんが、メイクアップには、肌から紫外線や冷たい空気を遮断し、寒さから皮膚を守るはたらきがあります。
下地クリームやファンデーションに含まれる油分は熱の不良導体なので、 メイクアップをすることによって、冷たい空気を緩和して肌を防ぐことができるそうです。
最近では乾燥による肌内の水分流出を防止してくれたりと、機能性の高い下地やファンデーションもよく見かけるようになりました。


また、皮膚が長時間冷たい空気にさらされていると、まず表皮の一番上の角質部分が厚くなり、徐々に真皮の弾力もなくなっていきますので、メイクアップだけでなく、防寒対策はしっかりしたいですね。

9517062


そんな肌が敏感になる冬は、クレンジング剤、洗顔剤も、なるべく肌に負担がかからないものがおすすめです。
ただし、肌に優しくても、汚れをきれいに取り除くことが出来なければ意味が無いので、使っているファンデーションや肌の状態に合わせて使い分けるのがベスト。
落としにくいマスカラやルージュは、専用のものを使ってあらかじめ落としておきます。


個人的にオススメなのが、意外と知られていない乳液を使ってのクレンジング
それから、椿油・オリーブオイルを使ってのクレンジングです♪


クレンジングや洗顔の際は、絶対にこすらないように気をつけましょう
特に冬の肌は、皮脂や汗の量が極端に少ない状態ですので、強い洗浄剤でゴシゴシ洗うと乾燥やシミ、シワ、たるみの原因になってしまいます。
(どうしても力が入ってしまう人は、薬指、小指を中心に使って洗顔するようにしてみてください。いい感じに力が抜けますよ♪)
洗いすぎには十分注意してくださいね。


きちんとしたメイクアップ+洗顔で、冬の寒さから肌を守りましょう。



------------PR------------------------------------------------------------------

1/12~2/21まで、「新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE」

4階のmonovaにて、椿乃華を出展いたしております。

Monova

商品は、椿油・シャンプー&リンス・スキンクリーム・マイルドソープの4点です。
東京にお住まいの方は良かったら覗いてみてください。
椿油・クリームに関しては、お試し出来るサンプルも設置しています。

椿乃華公式サイト
http://tsubakinohana.net/

椿油の無料サンプルはこちらから↓↓

http://tsubakinohana.net/randing/index.html

2012年1月23日 (月)

冬でも綺麗な手を保つ秘訣

今日は福岡は見事な快晴です。
放射冷却で空気は冷え込んでいますが、やっぱり晴れるととてもすがすがしいですね。


私は金・土と2連続飲み会で、ワインを馬鹿みたいに空け、親しい友人たちと楽しくおしゃべりして、かなりストレス発散することが出来ました。
パパママになって、なかなか会えない友人たちも居るのですが、年をとっても環境が変わっても仲良く出来る友人って本当に大事だなぁと思います。
今週も頑張ります♪



さて、この前バスに乗る機会があったのですが、夕方のバスは人が多くて立っている人もギュウギュウ詰め。
でもふと前を見ると、学生さんでしょうか、手摺りに捕まっている女性の“手”がとても綺麗だったのです。
指は長く白く、爪はきちんと手入れされていてピカピカ。


そういえば、最近ネイルサロンに来る人で、人差し指にだけワンポイントで目立つデザインを施す女性が増えている、という記事を読みました。
以前は親指だったそうなのですが、コレ、携帯でボタンを打つ指を意識しての事なのだそうです。
ガラケー→親指で打つ。
スマホ→人差し指で打つ。


このことからも、やっぱり手って存外色んなところで見られてるし、意識してお手入れしている人も多いんだなぁと納得してしまいました。
冬は乾燥してカサカサになってしまいがちですが、きれいな手は本当に目が行ってしまいますよね。

Hand_img

そんな訳で、以前も「冬のハンドケア」という記事を書いたのですが、自宅で簡単にできるハンドケアを下記にまとめてみました。


〈冬でも綺麗な手を保つポイント〉


①手はお湯ではなく、水で洗う。
肌をつややかに保っている皮脂はお湯に溶けやすく、手に必要な保湿成分や油分も一気に洗い流してしまいます。
寒いですが、出来るだけ水で洗うようにしましょう。


②界面活性剤の入っている石鹸は避ける
①と同じく、界面活性剤は汚れを落とすのには最適ですが、手に必要な保湿成分や油分も根こそぎ洗い流してしまいます。
バリア機能を失った皮膚からは水分が蒸発しやすく、そのままにしておくと乾燥、ヒビ、あかぎれの原因にも。


③手を洗ったらタオルドライをしっかりと。
水分が手に残っていると乾燥の原因になってしまいます。
タオルで隅々までしっかり水気を拭き取りましょう。


④ハンドクリームは指先、指の間もきちんと塗り込む
ハンドクリームを適量手のひらに乗せ、両手で包んで温めてから使用すると浸透力やのびが格段にアップします。
マッサージも兼ねて、指先、指の間も忘れずに塗りましょう。


⑤乾燥がひどいときは、化粧水・乳液でパックを。
ティッシュやコットンに化粧水または乳液を染みこませ、手をパックして5分ほど置きます。
終わったらクリームを塗り、綿の手袋などをして就寝します。


〈椿油で出来るスペシャルハンドケア〉


①ハンドクリームに、椿油を1〜2滴ほど混ぜます。
そのまま手全体に伸ばしてください。
のびがよくなるだけでなく、油膜を作るのでうるおいを逃しません。
自分の好きな香りのオイルと混ぜて使うとリラックス効果も高まりますよ♪


②ハンドクリーム前のオイルマッサージ
1.手の甲と手のひらにオイルをなじませ、指を1本づつさするようにやさしく揉みほぐします。
2.指の付け根から指先に向かってスライドさせ、指先は少し強めに揉みほぐします。
3.指と指の間にオイルをなじませ、少し強めに揉みほぐします。
4.手のひら全体を、親指で揉みほぐします。


そのほか、椿油を使ったボディケアはこちら。
http://tsubakinohana.net/bodycare.html


冬でもちょっとした工夫できれいな手を保つことが出来ますよ♪
是非お試しください。


------------PR------------------------------------------------------------------

1/12~2/21まで、「新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE」

4階のmonovaにて、椿乃華を出展いたしております。

Monova

商品は、椿油・シャンプー&リンス・スキンクリーム・マイルドソープの4点です。
東京にお住まいの方は良かったら覗いてみてください。
椿油・クリームに関しては、お試し出来るサンプルも設置しています。

椿乃華公式サイト
http://tsubakinohana.net/

椿油の無料サンプルはこちらから↓↓

http://tsubakinohana.net/randing/index.html

2012年1月20日 (金)

ブーツを履く時に気になる…足のムレ対策法

椿のパートナーさんが連日家で出来る「ながらダイエット」、「部分痩せ」についての体験記事を書いてます。
簡単に実践できてとっても興味深いので、ながらダイエット・部分やせに興味のある方は是非覗いてみてください。
バナナもあるよ!(失礼!
→スタッフブログ「椿日和



さて、今の時期のファッションで大活躍なのがブーツ!
かわいいデザインのブーツは暖かいだけでなく、スタイルもよく見せてくれたりしますよね。


でも、昨日友人がこんなメールを送ってきました。
「飲み会でみんなブーツ脱いだらなんか臭うんだけど!!」
確かに、ブーツだけでなく、革のパンプスなどをストッキングで履いた日には、人様の前で靴を脱ぐのが不安になります。


足の裏には体の他の部分よりも3~10倍の汗腺(エクリン腺)が集中していて、両足で1日に200ml(約コップ1杯程度)の汗をかくと言われています。
エクリン汗腺は体温調整してくれる大切な汗腺で、99%が水です。
1%には塩分・尿素・アンモニア・ミネラル(カルシウム)などが含まれています。


そのため基本的に汗そのものは無臭であり、ほとんど臭いはありません。
しかしブーツや重ね着などで高湿多温になることで、水虫の原因菌となる白癬菌などの雑菌やバクテリアが異常繁殖し、その活動による排泄物が足の臭いの原因になります。


そこでまず出来る予防方法として、靴のケアですが、


「通気性のいい靴をはく」
「ストッキングはできるだけ避け、吸湿性の高い(綿など)の靴下をはく」
「オフィスでは通気性の良いサンダルなどに履きかえる」
「同じ靴を毎日はかず、2~3足をまわして使う 」


がニオイ予防の4つの基本とのこと。


しかし、これではムレや臭いの根本的解決にはならないので、ずっと悩まない為にも根本から改善させたいですね。
ムレや臭いを解決するには足裏の汗腺機能を高めてあげることも大切です。


そこで足美人になる足湯のススメ!


①43度くらいの熱めのお湯にお酢をコップ一杯入れる。
②15分くらい足湯をする。
③乾燥防止に、椿油を足全体に塗り込む。


お酢には血行促進効果や殺菌効果があり、また椿油には「椿サポニン」という殺菌作用があります。
臭いが気になる人はお酢と一緒にミョウバンなどを足してみてください。


詳しくはこちらのサイトに載ってます♪
http://nioi-clinic.com/


また冬だからといって、足のケアをさぼるとそれも臭いの原因になります。
指の間もきちんと洗うようにし、古い角質は臭いの原因になるのできちんと落としましょう。
→「足の角質ケアの方法
爪もきちんと切りそろえ、お手入れを欠かさずに。


冬こそ足元美人でいたいものですね。



------------PR------------------------------------------------------------------

1/12~2/21まで、「新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE」

4階のmonovaにて、椿乃華を出展いたしております。

Monova

商品は、椿油・シャンプー&リンス・スキンクリーム・マイルドソープの4点です。
東京にお住まいの方は良かったら覗いてみてください。
椿油・クリームに関しては、お試し出来るサンプルも設置しています。

椿乃華公式サイト
http://tsubakinohana.net/

椿油の無料サンプルはこちらから↓↓

http://tsubakinohana.net/randing/index.html

2012年1月19日 (木)

紫外線に負けない冬肌づくり

以前のブログで「こすってはいけない!」というお話をしたのですが、クレンジング・洗顔についつい力を入れすぎてしまう…
または、どれだけの力で洗えば良いか具体的に解らない…という方もいらっしゃると思います。


昨日洗いながらふと思いついたのが(既出かもしれませんが)、「薬指・小指の腹」だけを使ってクレンジング・洗顔するということ。
いい感じに力が入りません。
コレなら肌を強くこすらずに済みます。
「こすらない洗顔」を実践されてる方は是非お試しください。



さて、今日は紫外線がテーマです。
夏ほど日射の熱を感じないため、紫外線はそんなに気にしない…という方も多いのではないでしょうか。


ところが、冬でも紫外線は降り注いでいます。
確かに、冬の紫外線の量は、夏と比べて1/5程度になりますが、冬は空気が澄んでいるので、地上に紫外線が届きやすい環境です。
また紫外線B波は減りますが、波長が長く真皮まで到達し、コラーゲンを破壊する紫外線A波は変わらず降り注ぎます。


紫外線が肌に与える影響として、初めに思いつくのは「シミ」ではないでしょうか?
紫外線によって過剰に作られたメラニン色素が、細胞内に残り色素沈着を起こします。
これがいわゆる「シミ」ですが、メラニン色素は一度できてしまうと、ちょっとした紫外線にも反応して増殖しやすくなるそうです。


さらに、紫外線を浴びると、有害な紫外線を皮膚の奥に入れないようにしようと防御作用が働き、角質が厚くなって新陳代謝が鈍ります。
そのためシミは簡単には薄くできないという悪循環に陥ってしまいます。


次に「くすみ」ですが、「シミ」と同じように紫外線によるメラニン色素の増加や、クレンジングやゴシゴシ洗顔などの長年のお肌に負担がかかるケアによって色素沈着や新陳代謝が鈍り、皮膚の中に炎症が起きて生じるケースが知られています。
最近では、不対電子を持っているフリーラジカルや活性酸素の影響も注目されていますね。


紫外線によってフリーラジカルや活性酸素が体内に生成されると、細胞膜を損傷させ、細胞そのものが老化してサビたような状態になるので、肌表面がくすんで見えてくるという理論です。


さらに紫外線を浴び続けると、肌のコラーゲン繊維などが、紫外線によって破壊され「たるみ」が現れます。
これはある程度年を重ねてから現れるため、修復も困難になります。


また、冬は肌が乾燥します。
乾燥した肌は紫外線をバリア出来ないので、紫外線のダメージを大きく受けることに。


夏ほどきっちり紫外線ガードばりばり!にしなくても大丈夫ですが、冬は、まず肌の保湿をしっかりしてあげることが大切です。
保湿をしっかりすることで肌のバリア層の効果を上げ、紫外線を跳ね返す健康な肌を保つ事が大切です。


最近の化粧下地やファンデーションにはUV対策ができるものが多いので、冬の紫外線対策はそれで十分だと思います。
ただし、冬でも紫外線A波を防ぐPAが入っているものを使用してくださいね。
忘れがちな首なども塗り忘れのないように♪


しっかり保湿して冬の紫外線に負けない肌作りをしましょう!



------------PR------------------------------------------------------------------

1/12~2/21まで、「新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE」

4階のmonovaにて、椿乃華を出展いたしております。

Monova

商品は、椿油・シャンプー&リンス・スキンクリーム・マイルドソープの4点です。
東京にお住まいの方は良かったら覗いてみてください。
椿油・クリームに関しては、お試し出来るサンプルも設置しています。

椿乃華公式サイト
http://tsubakinohana.net/

椿油の無料サンプルはこちらから↓↓

http://tsubakinohana.net/randing/index.html

2012年1月18日 (水)

髪にも悪影響を与える「過乾燥」

何だかここ1週間、「乾燥」関連記事のアクセス数がものすごく増えていて、皆さんの関心が高いことが伺えます。
(ありがとうございます)


今年は例年にない乾燥の年だそうです。


乾燥というと、火の用心さえすれば割とそこまで生活に悪影響はないのでは…?
と結構気楽に考えていたのですが、いやいや色々思ってもみない様な悪い影響はあるようです。


以前のブログで、「乾いてヒビ割れた土地(肌)に水をあげても、土(肌)は水を吸収しません。」
という比喩を使ったのですが、その言葉のとおり、乾燥が進むと土の中の水分・栄養分が十分に行き渡らず、野菜などが不足する原因になるとのこと。
また、乾燥すると静電気も起きやすくなり、家電製品やパソコンを破壊してしまう場合もあるのだとか。
実際今年はパソコン修理の依頼が急増しているそうです。


う〜ん、乾燥は肌だけでなく実生活にも結構悪影響を与えるものでした…。



さて、そんな乾燥ですが、もちろん肌だけでなく、髪が広がったり傷んだりする原因になります。


空気が一定以上乾くと、水気のあるところから水分を引き出そうとする性質があり、それは水たまりであろうと人の肌や髪であろうと同じ現象が起きます


健康な毛髪は12~13%の水分を保持していると言われており、最大で35%ほどまで水分を保持できますが、毛髪の水分が7%を下回ると、表面のキューティクルがカラカラになって剥がれ、切れ毛や裂け毛、枝毛となって、髪のダメージが表面化します。
さらに傷ついた部分から、毛髪内部の水分や保湿成分が蒸発しやすくなり、放っておくとさらにダメージが進んでしまいます。


これは、ドライヤーを長時間当て過ぎたときにも見られる現象です。


それから、乾燥すると髪の中にも静電気が発生しやすくなりますので、ブラッシングをする場合はなるべく自然素材で出来たものを使うのがオススメ♪
また、櫛を通す前に、椿油を髪に少量なじませると静電気を防止してくれますし、髪の水分が蒸発するのを防いで、まとまり易くしてくれます。


バスタイムに椿油をトリートメントの代わりに馴染ませるほか、オイルパックに使うとしっとりした質感になること請け合いです。
オイルパックの方法を読む。


椿油でのヘアケアは、日本人の美しい黒髪を保つために先人たちより受け継がれてきた方法です。
髪が乾燥しているな…と思った時に是非試してみてくださいね。



------------PR------------------------------------------------------------------

1/12~2/21まで、「新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE」

4階のmonovaにて、椿乃華を出展いたしております。

Monova

商品は、椿油・シャンプー&リンス・スキンクリーム・マイルドソープの4点です。
東京にお住まいの方は良かったら覗いてみてください。
椿油・クリームに関しては、お試し出来るサンプルも設置しています。

椿乃華公式サイト
http://tsubakinohana.net/

椿油の無料サンプルはこちらから↓↓

http://tsubakinohana.net/randing/index.html

2012年1月17日 (火)

女性も無視できない「薄毛」

今日は久しぶりに雲ひとつ無い青空を見ることが出来ました。
こんな日は洗濯しまくって、お外に干しまくりたいです。(なんという日本語!)
冬の快晴は暖かくて気持ちが良いですね。


さて、まずはじめに臨時出展のご案内です。


1/12~2/21まで、「新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE」
4階のmonovaにて、椿乃華を出展いたしております。(写真下段左)

Monova

商品は、椿油・シャンプー&リンス・スキンクリーム・マイルドソープの4点です。
東京にお住まいの方は良かったら覗いてみてください。
椿油・クリームに関しては、お試し出来るサンプルも設置しています。



さて、今日は女性も無視できない「薄毛」のお話。


昨今女性でも薄毛に悩まされている方が増えているそうです。
女性の社会進出に伴い、男性ホルモンの増加、ストレス、生活習慣の乱れ…などなど原因は様々と言われていますが、
女性の場合、髪が薄くなったような…と感じた時、抜け毛というよりも実際には髪が細くなった「細毛」の状態であることが多いそうです。


一本一本が細くなって、ボリュームが減った、ぺたっとコシがなくなくなった…という症状ならおそらく細毛になっている可能性が考えられます。


以前の記事でも触れましたが、基本的に女性は「きれいにしすぎ」「洗いすぎ」の、過剰な清潔志向が原因となって薄毛・細毛になってしまうことが多いそうです。

何だか一時期流行っていたようですが、一番怖いのが男性の薄毛用シャンプーでガシガシ洗い、皮脂を根こそぎとろうとしてしまうケース。
男性は女性よりも皮脂分泌が盛んなので、毛穴の詰まりが原因で薄毛になりやすいそうなのですが、女性が同じことをすると逆効果で余計に髪を弱らせてしまうことがあるそうなのです。
女性が、男性用シャンプーをどうしても使いたいときは、水で薄めるなど希釈して使うと髪や地肌を傷めずに済みます。


また、体温が低く、新陳代謝機能が衰えていて、それが原因で髪も細毛になっていることもあるそうです。
髪は血液から栄養をもらっているので、血行が悪いとそれだけで白髪や薄毛の原因になるそうですよ!
週に何度かは椿油やあんず油・ホホバ油などの髪に優しいオイルで頭皮マッサージをし、血行を良くしてみてはいかがでしょうか。
→「頭皮マッサージの効果」を読む


要は、体を冷やしすぎず、髪を洗い過ぎないことが何より細毛防止にとって重要なのですね。


その他にも


1.偏食・過度のダイエット
2.常に空調の効いた部屋にいる。
3.病気による内臓疾患や機能低下。
4.過労・ストレス
5.洗浄力の強いシャンプー
6.紫外線
7.睡眠不足
8.酒・タバコの過剰摂取
9.加齢


も主な原因と言われています。
たんぱく質やビタミンB群をきちんと摂取し、体を動かして体温を上昇させるような生活を送って、いつまでもきれいな髪を維持したいものですね。


------------PR------------------------------------------------------------------

1/12~2/21まで、「新宿パークタワー リビングデザインセンターOZONE」

4階のmonovaにて、椿乃華を出展いたしております。

Monova

商品は、椿油・シャンプー&リンス・スキンクリーム・マイルドソープの4点です。
東京にお住まいの方は良かったら覗いてみてください。
椿油・クリームに関しては、お試し出来るサンプルも設置しています。

椿乃華公式サイト
http://tsubakinohana.net/

椿油の無料サンプルはこちらから↓↓

http://tsubakinohana.net/randing/index.html

2012年1月16日 (月)

素肌メイクを作るコントロールカラー

寒い日が続きますね。
朝晩などはホットカーペットの上から動きたくない今日この頃です。


土日は友人が泊まりに来ており、私自身が年末からずっと寝込んでいたので、久しぶりに楽しい休日を過ごすことが出来ました。
中でもやっぱり楽しいのは食事。
夜は外食したのですが、せっかくなので翌日お昼ごはんを作っておもてなしをすることに。
それというのも去年からワンプレートランチを作ることにハマっており、どうにかカフェのような盛り付けをしたくて休日の昼はいつも試行錯誤。
一人の時は失敗しても良いのですが、人様に出すとなると色々凝り出して止まりません(笑)


でも、誰かから「おいしい」と言ってもらえると達成感半端ないですね。
一人暮らしなので、人と食事をするといつもより一層おいしく感じられます。


そういえば最近「脳が冴える15の習慣」という本を読んだのですが、脳の活性化に一番手っ取り早いのは、行ったことのないところに行ったり、やったことのないことをやったり、食べたことのないものを食べたり等々、ワクワクして感情を高めることだそうです。


脳は使わないと死んでいくので、 そうやってワクワクするような事をたくさんして、常に脳のシナプスを刺激することを意識するのが大事なのだとか。
逆に、感情が動かないと脳は眠ったままなので、振り返ったときその当時の記憶がほとんど残っていない、ということも。


とにかく単調な毎日を繰り返していると、後から何も思い出せない…なんてことになりかねません。
そういう風にならないように、振り返ったときにたくさん思い出せる1年になれば良いなあと思います。


さて、今日の美容のお話(本題(笑)は「コントロールカラー」です。
以前の記事に書いたように、冬はくすみが目立つ季節。
血色の悪さや肌トラブルを隠そうとして、ついファンデーションやコンシーラーを厚めに塗ってしまう…という事ってありませんか?
そこで、冬でも素肌のような仕上がりにしたい!でもくすみや肌トラブルはしっかりカバーしたい!…という方にオススメです。


私の友人でも化粧下地は日焼け止めだけ!という人も多いのですが、自分のなりたい肌を作るためにも化粧下地はすごく便利ですよ。


大きく分けてブルー、ピンク、イエローのコントロールカラーがあり、肌の状態によって使い分けることができます。


例えば、顔の黄味・赤味が気になる人は、ブルーのコントロールカラー。
ブルーは肌の赤みをおさえ、透明感を与えてくれます。


顔色が悪く、くすみが目立って疲れ肌に見える人はピンクを。
血色を良く見せてくれるので、いつものファンデーションを使っていても、パッと華やかな印象に。
まるでお風呂上りの肌色のように若々しく明るく見せることができます。


顔色にムラがあるという人にオススメなのはイエローです。
にきび跡や肌荒れ、そばかすなどでまだらに赤くなった顔は、きれいにメイクを仕上げたい時にマイナスになります。
イエローは顔色を均一にし、肌トーンをアップさせてくれます。


その他にもグリーンやパープルなど色味は様々。
コントロールカラーを上手に使えば、ファンデーションやコンシーラーを厚塗りしなくても、素肌のように見せることができますよ♪
ただし、つけすぎには注意してくださいね。
顔だけ色浮きしてしまったり、不自然な顔色になったりしてしまいます。


コントロールカラーを上手く使って、冬でも素肌のようなメイク作りに挑戦してみてください♪

-------------PR------------------------------------------------------------------

髪だけでなく、肌にも使えますので、洗顔の後のパックやオイルマッサージにもオススメです♪
高純度100%純粋国産椿油、カメリアオイルゴールド。
他の椿油との違いは、「無臭」「べたつきが少ない」「国産」「口に入っても大丈夫」なオイルであるということ。
Goods_oil_2

椿油は動物性の油や石油系の油と違い、人の皮脂と同じ成分の「オレイン酸」を豊富に含んでいる為、肌表面に負担を与えることが少なく、また表皮にバリアのような油膜を張ることで、水分蒸発による乾燥を防ぎ、肌をすべらかに保つと言われています。

また、「椿乃華カメリアオイルゴールド」は何度も精製して、基準よりも純度の高い椿オイルとなっております。
不純物や精製度の低さが原因で起こる油焼け等の心配はありません。

まずは4点入ってお得な「無料サンプル」から試してみて下さい↓
http://tsubakinohana.net/randing/index.html

商品のお買い上げは、「お買い物(椿乃華オンラインショップ)」へどうぞ!
http://buneitsubaki.shop-pro.jp/

2012年1月13日 (金)

お肌を柔らかく保つ自宅ケア

昨夜、神社に行った帰りにカバンごと財布を盗まれた夢をみてしまいました。
更にリアルなのが、カードごと財布を盗まれたので取引を停止してください、と銀行に電話しても応じてくれず。
警察に行ったものの、何故か人が多くて、順番に手続きをしないと盗難届は出せません。
というような…
夢の中で無駄に行動力のある私にびっくりです。


起きてからもしばらく夢か現実か解らない感じで、思わず財布を確認してしまいました(笑)



ところでこの時期、朝起きて顔を洗うときに肌に触れると、なんだかゴワゴワしているな…と感じることはありませんか?
乾燥すると、刺激から肌を守ろうと角質が厚くなるので、そのままファンデを乗せてもヒビのようなシワが目立ったりします。


こうなってしまうと、まず保湿!パック!美容液!
となりがちですが、乾いてヒビ割れた土地(肌)に水をあげても、土(肌)は水を吸収しません。
→「冬の肌ケアで重要なこと」も読む。


保湿は保湿でも、むやみに水分を与えるのではなく「保つ・維持」することも、大事なポイントになってきます。
まず、化粧水や美容液が浸透しやすいような、柔らかい肌を作ることが先決です。


そこで、今回は肌を柔らかく保つために具体的に自宅で何が出来るのか、ということを考えてみました。


①毛穴の詰まりをすっきり落とす。
毛穴に汚れが詰まった状態では、どんなに良い化粧水・美容液を使っても意味がありません。
肌をやわらかくするには、表皮に余計な負担を与えず、自然なターンオーバーを促進させることに意味があります。
洗いすぎず、こすりすぎない正しい洗顔方法で、毛穴の汚れを落としましょう。

ピーリングに挑戦する場合は、薬品をつかったケミカルピーリングより、ナチュラルピーリングが適していると思います。


②天然のオイルでお肌のマッサージをする
お肌のマッサージすると血行がよくなるので、不要な成分が血液を通して排出されます。
天然の椿油やオリーブ、ホホバオイルが人の肌に近いのでおすすめですが、市販のマッサージクリームなどを使用する場合は、保湿成分がたくさん含まれているものを選んでみてください。
マッサージした後はティッシュで軽く押さえるように拭き取る程度でOKですが、べたつきが気になる方は、蒸しタオルを顔に乗せてなじませて下さい。


③洗顔後、椿オイルでパックし、湯船につかる
お風呂で十分に毛穴を開かせ、洗顔します。
その後、椿オイルをたっぷり顔に塗り、湯船につかります。
お風呂の蒸気で毛穴も開いて浸透も良くなりますし、蒸されてパック状態になります。
週に1〜3度程度で肌がしっとり柔らかくなること請け合いです。


④化粧水はケチらずたっぷりと。
化粧水は、洗顔後の顔の突っ張り感をなくしてくれますが、それだけではありません。
肌を柔らかくし、後からつける乳液や美容液を浸透させやすくする働きがあります。
つまり、肌に良いものを内側へ送り込む通り道を作ってくれるのです。
ケチらずたっぷり使って、肌に水分をたっぷり補給してあげましょう。
クリームなどで水分を肌内に閉じ込めてあげることも忘れずに。




-------------PR------------------------------------------------------------------

髪だけでなく、肌にも使えますので、洗顔の後のパックやオイルマッサージにもオススメです♪
高純度100%純粋国産椿油、カメリアオイルゴールド。
他の椿油との違いは、「無臭」「べたつきが少ない」「国産」「口に入っても大丈夫」なオイルであるということ。
Goods_oil_2

椿油は動物性の油や石油系の油と違い、人の皮脂と同じ成分の「オレイン酸」を豊富に含んでいる為、肌表面に負担を与えることが少なく、また表皮にバリアのような油膜を張ることで、水分蒸発による乾燥を防ぎ、肌をすべらかに保つと言われています。

また、「椿乃華カメリアオイルゴールド」は何度も精製して、基準よりも純度の高い椿オイルとなっております。
不純物や精製度の低さが原因で起こる油焼け等の心配はありません。

まずは4点入ってお得な「無料サンプル」から試してみて下さい↓
http://tsubakinohana.net/randing/index.html

商品のお買い上げは、「お買い物(椿乃華オンラインショップ)」へどうぞ!
http://buneitsubaki.shop-pro.jp/

2012年1月12日 (木)

目元ぱっちりリンパマッサージ★

今日はこの冬一番の寒さになる!
と言われていましたが、全国的にどうだったのでしょう。


昨日の記事で、東京の乾燥注意報が観測史上5位!と書きましたが、今日で4位タイになったそうです。
空気カラっカラです。
火の取り扱いはもちろん、肌の乾燥にも注意ですね。
乾燥は老化を促進させる要素満載です。


更に、気温が下がってくると体は体温の低下を防ごうとして、皮膚の方への血液の流れを少なくしてしまいます。
それによって皮膚の代謝が落ちてしまい、皮脂や汗の分泌が減少していきます。


常日頃、外気やチリ・ほこり・ウイルスなどから肌を守ってくれている皮脂や汗の分泌が減少してしまうと、肌荒れや、水分の蒸発が加速し、小じわやトラブル肌の原因に。


そこで、主成分が人の皮脂に最も近いと言われる「椿油」を毎日のケアにプラスしてみてください。
化粧水・美容液・乳液の後に、ほんの数滴伸ばすだけ。


椿油が冬場に減少している皮脂膜の代わりをしてくれますので、ツヤとうるおいのあるお肌を年中保つことが出来ますよ♪


肌に合うかどうか不安な方は、弊社のものでしたら無料サンプルからお試し頂けます。↓↓
http://tsubakinohana.net/randing/index.html


また、イルをたっぷり使ったリンパマッサージもオススメです。
わたくし顔のマッサージのついでに、むくみやすく腫れぼったい目元もぱっちりさせたい!と常日頃思っておりまして…。
お風呂タイムに顔のマッサージのついでに目の周りもマッサージ、という感じでやっているのですが、むくみが取れて多分誰でもおめめパッチリになれるはずです!(笑


はれぼったい目は、まぶたのリンパが滞っていることが理由の一つとのこと。
まぶたを刺激して、溜まったリンパを流してあげましょう。


まぶたをぎゅっと閉じて、それから力を抜きます。
②まぶたを軽く押さえたまま、目を開けます。
③ 目頭から目尻に向かって、指の腹で優しく叩いていきます。
④指の腹を使って、目頭から目尻→耳の前のリンパ節までスライドさせ、ゆっくりとリンパを流していきます。
⑥この動作を、3〜5回繰り返します。


ただし、強い力で引っ張ったり、押し付けたりしてはいけません。
色素沈着やシワの原因になる場合もあります。
赤ちゃんの肌に触れるように、優しくマッサージしてくださいね。



-------------PR------------------------------------------------------------------

〜1/13 18:00まで全品10%OFF!!(セット商品除く)

今がお買い上げのチャンス!明日で終了ですのでお早めに。

Seru

商品のお買い上げは、「お買い物(椿乃華オンラインショップ)」へどうぞ!
http://buneitsubaki.shop-pro.jp/

椿油は動物性の油や石油系の油と違い、人の皮脂と同じ成分の「オレイン酸」を豊富に含んでいる為、肌表面に負担を与えることが少なく、また表皮にバリアのような油膜を張ることで、水分蒸発による乾燥を防ぎ、肌をすべらかに保つと言われています。

また、「椿乃華カメリアオイルゴールド」は何度も精製して、基準よりも純度の高い椿オイルとなっております。
不純物や精製度の低さが原因で起こる油焼け等の心配はありません。

まずは4点入ってお得な「無料サンプル」から試してみて下さい↓
http://tsubakinohana.net/randing/index.html

2012年1月11日 (水)

冬の脱水症状に要注意!

冬は乾燥の季節!
といいますが、東京では乾燥注意報が27日連続で出されているそうです。
観測史上5番目に多いのだとか。


空気が乾燥していると、暖房かけっぱなしの室内などは更に乾燥している可能性があります。
乾燥は肌の大敵です。
化粧直しの時などにも、化粧水をなじませる、乳液で修正する、など一工夫あると良いですね♪


さて、今朝ニュースで気になる特集がありました。
冬の脱水症状が増加しているとのことです。


脱水症状といえば、熱中症など、割と夏のイメージが強いと思いますが、実は冬の発症例も多いのだそうです。


それに、夏場は意識して水分補給をしている人が多いと思いますが、冬は余り水分を摂らない…という方も多いのではないでしょうか。


人間は呼吸するだけで常に水分を失っているといいます。
口の呼吸もそうですが、肌、つまり皮膚呼吸でも常に水分を発散しています。
体重50㎏の人では一日に約1ℓも失っているそうです。


それに加え、冬は暖房器具を使用することが多くなります。


こたつやホットカーペット、エアコンがかかった室内などの中にいて、何の対策もしないでいると体内の水分は奪われ続けてしまいます。
夏場に比べて冬は汗をかきにくいので、喉の渇きに気づかず、水分補給をせずに脱水症状になることが多いそうです。


また怖いことに、冬は眠っている間に脱水症状から脳梗塞になる危険性も高いと言われています。
成人で、普通にお蒲団をかけて眠るだけで約コップ2杯分の汗をかくそうです。
特に冬は、何枚も布団を重ねたり、電気毛布や湯たんぽなど、就寝中に発汗を促進させる要素も満載。
脱水症状になると血液がどろどろになり、血管が詰まるリスクが高まりますので、血液をサラサラにするためにも、水分を摂ることはとっても重要です。


さらに、冬は忘年会や新年会など、アルコールを摂る機会も多く、気付かないうちに脱水症状になりやすいのだとか。


そこで!
冬の脱水症状防止のために、日中の水分補給はもちろんのこと、眠る前に一杯、起きた後に1杯。計2杯を必ず飲むようにしましょう!
このとき、お茶などではなく、真水のほうが有効だそうですよ♪


体の水分不足は脱水症状だけでなく、肌老化の原因にもなります!
私もなかなか水分を摂ることを忘れてしまいがちなのですが、お肌のためだけでなく、体のためにも気がけて水分摂取を続けていきたいと思います。

→「続・冬の脱水症状・インフルエンザ対策」を見る



-------------PR------------------------------------------------------------------

〜1/13 18:00まで全品10%OFF!!(セット商品除く)

今がお買い上げのチャンス!今週金曜日で終了ですのでお早めに。
Seru

商品のお買い上げは、「お買い物(椿乃華オンラインショップ)」へどうぞ!
http://buneitsubaki.shop-pro.jp/

椿油は動物性の油や石油系の油と違い、人の皮脂と同じ成分の「オレイン酸」を豊富に含んでいる為、肌表面に負担を与えることが少なく、また表皮にバリアのような油膜を張ることで、水分蒸発による乾燥を防ぎ、肌をすべらかに保つと言われています。

また、「椿乃華カメリアオイルゴールド」は何度も精製して、基準よりも純度の高い椿オイルとなっております。
不純物や精製度の低さが原因で起こる油焼け等の心配はありません。

まずは4点入ってお得な「無料サンプル」から試してみて下さい↓
http://tsubakinohana.net/randing/index.html

2012年1月10日 (火)

今年もよろしくお願い致します。

今年初回のブログ更新です。
遅まきながら、今年もよろしくお願い致します。


というのも、年初から「マイコプラズマ肺炎」なるものを発症してしまい(縁起悪い)
1週間ほど寝込んでしまっていました。


年末に天皇陛下がご入院されたのもこの肺炎が原因だと報道されていましたね。


初期症状が風邪に似ているため、気付かないうちに感染していることも多いそうです。
放置するとどんどん悪化していくようで、咳が2週間以上続くと可能性大とか。
肺炎の中では弱めの自覚症状から始まるようですが、合併症が怖いので、心当たりのある方はすぐに病院へ行くことをオススメします。


空気感染するので知らないうちにキャリアになっている場合もあります。


私は年末にかかった扁桃炎→マイコプラズマ肺炎に移行したようです。
免疫力が弱っているときにかかりやすいと言われたので、私の場合ドンピシャですね…(笑


今年は流行り年だそうで、みなさまも十分気をつけて下さいね。


今年は健康に気をつけて、一年平穏に過ごすことが目標です。
椿油や美容に関する有用な情報をお届けしていきたいと思いますので、何卒お付き合いのほど、よろしくお願い致します。



-------------PR------------------------------------------------------------------

〜1/13 18:00まで全品10%OFF!!(セット商品除く)

今がお買い上げのチャンスです!
Goods_oil_2

椿油は動物性の油や石油系の油と違い、人の皮脂と同じ成分の「オレイン酸」を豊富に含んでいる為、肌表面に負担を与えることが少なく、また表皮にバリアのような油膜を張ることで、水分蒸発による乾燥を防ぎ、肌をすべらかに保つと言われています。

また、「椿乃華カメリアオイルゴールド」は何度も精製して、基準よりも純度の高い椿オイルとなっております。
不純物や精製度の低さが原因で起こる油焼け等の心配はありません。

まずは4点入ってお得な「無料サンプル」から試してみて下さい↓
http://tsubakinohana.net/randing/index.html

商品のお買い上げは、「お買い物(椿乃華オンラインショップ)」へどうぞ!
http://buneitsubaki.shop-pro.jp/

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

椿乃華

椿乃華