フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 年末年始の営業スケジュール | トップページ | 冬は痩せやすい時期? »

2011年12月27日 (火)

くすみの原因と対策

気温が下がってくると体は体温の低下を防ごうとして、皮膚の方への血液の流れを少なくしてしまいます。
それによって皮膚の代謝が落ちてしまい、皮脂や汗の分泌が減少していく、という話を先日しましたが…
→「具体的な乾燥肌対策とは


皮膚の方への血流量が低下すると、顔がくすみやすくなってしまいます。
何だか、自分の手の甲や首より、顔の方が黒いような…と思うことはありませんか?


くすみの原因はいくつかあるようですが、血行不良によるものが8割ほども占めると言われています。
これは体の冷えや、寝不足、代謝不良が原因で、毛細血管にうまくきれいな赤い血液が流れないために起こりやすくなるそうです。


また、紫外線も原因の一つといわれています。
日焼け後のシミやソバカスが改善されず、メラニン色素が蓄積されることで顔がくすんだように感じられます。
夏ほど紫外線は強く有りませんが、冬でも、曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいて、皮膚に影響を及ぼしています。
冬でも必ず日焼け止めは塗るようにしたいですね。
また紫外線による色素沈着は、背中にきびの原因にもなりますので要注意です。
(余談ですがメラニンによる色素沈着は、紫外線以外にも、妊娠、出産、加齢など、ホルモンバランスの変化などでも症じるそうです)


また、冬のくすみは、肌の中の水分量が低下することにより、角質層が固く、はりや弾力低下によって影ができやすくなることからも起り易いそうです。


では、これらのくすみの解消方法を。
原因の一つとして最も考えられる「血行不良」によるくすみは 、血液の流れをスムーズにすることが大切です。
運動や、代謝を促進するリンパマッサージなどがオススメ。
また、女性に多い冷え症は血行不良の最大の原因なので、体を冷やさない食事や、服装に気を配ることも大切ですよ!


色素沈着によるくすみは、まず紫外線対策を。
外出するときはサングラスやストールなどで肌の露出をなるべく避け、日焼け止めを忘れず塗るようにしましょう。
またメラニンの生成を抑える美白成分の入った化粧品や、ビタミン類などを食事で積極的に摂ることなどで効果が期待できそうです。
しかし、一旦できてしまったシミやくすみを元に戻せるかどうかは、年齢や個人差もありますので、根気のいるケアになります…。
日頃から対策をしっかりするのがオススメです。


また、自分でも気づいていないうちに肌の水分量が減り、インナードライ化している可能性があります。
冬は特に、化粧水・乳液でたっぷりと水分補給をし、クリーム・オイルなどで水分を逃がさないお手入れを心がけてあげてくださいね。



-------------PR------------------------------------------------------------------

髪だけでなく、肌にも使えますので、洗顔の後のパックやオイルマッサージにもオススメです♪
高純度100%純粋国産椿油、カメリアオイルゴールド。
他の椿油との違いは、「無臭」「べたつきが少ない」「国産」「口に入っても大丈夫」なオイルであるということ。
Goods_oil_2

椿油は動物性の油や石油系の油と違い、人の皮脂と同じ成分の「オレイン酸」を豊富に含んでいる為、肌表面に負担を与えることが少なく、また表皮にバリアのような油膜を張ることで、水分蒸発による乾燥を防ぎ、肌をすべらかに保つと言われています。

また、「椿乃華カメリアオイルゴールド」は何度も精製して、基準よりも純度の高い椿オイルとなっております。
不純物や精製度の低さが原因で起こる油焼け等の心配はありません。

まずは4点入ってお得な「無料サンプル」から試してみて下さい↓
http://tsubakinohana.net/randing/index.html

商品のお買い上げは、「お買い物(椿乃華オンラインショップ)」へどうぞ!
http://buneitsubaki.shop-pro.jp/

« 年末年始の営業スケジュール | トップページ | 冬は痩せやすい時期? »

スキンケア」カテゴリの記事

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

椿乃華

椿乃華