フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 足のむくみ、悩んでいませんか? | トップページ | 蒸しタオル活用法 »

2011年9月 5日 (月)

「アトピー」も治る日が来るかも知れない!

今朝、NHKの「あさイチ」で、アトピーに関する興味深い内容が放送されていました。
解説者として、国立成育医療センターの大矢幸弘先生が出演されており、大変役に立つ内容でしたのでご紹介します。


2006年Nature Geneticsという科学誌に、「フィラグリン遺伝子変異」を持っていると、表皮角層の正常なバリアが障害されて抗原が真皮内に侵入しやすくなり、大人でもアトピー性皮膚炎になりやすいとの専門医も驚く研究発表がありました。
この理論が元になり、アトピー性皮膚炎の治療として『皮膚のバリア』という視点が脚光を浴びることになったそうです。
それは、皮膚をなめらかにし、バリアをはることで、アトピー性皮膚炎を悪化させるさまざまな要因が、体の中に侵入するのを防ごうというもの。


フィラグリン遺伝子変異がある人は、全てのアトピー性皮膚炎患者の27%ほどと言われ、アトピー性皮膚炎を発症する人すべてに必ずフィラグリン遺伝子変異があるわけではありません。
要は、表皮が「スキンバリア」としての機能を失うことで、様々な外敵(食中毒菌、花粉、ダニ、カビ…)が体内に侵入しやすくなり、これが皮膚炎の原因になることから、しっかりしたバリアを構築すれば皮膚炎を防御出来るということ。
尚、アトピー性皮膚炎は先進国でのみよく発症するという特徴もあるそうです。


「皮膚のバリア」の実践方法として、


①お風呂で体を洗うときは、ゴシゴシタオルを使わない。
石鹸をよく泡立て、出来るだけ手、もしくはきめの細かい柔らかなタオルで体を洗う。
(番組で紹介されたアトピーのお子さんを持つご家庭が、石鹸水をペットボトル(もしくはビニール袋)に入れて上下によく振っていましたが、これで泡がカンタンに作れていました。)
泡で雑菌を包みこみ、分離させる事が基本。


②スキンケアはしっかりと!
アトピーの肌には、ウィルスや雑菌が入り込みやすいので、添加物の入っていない保湿剤(市販のものでも可能)で表皮にしっかりバリアを張ることが大切。
ちょっとべたべたする…位が適量だそうです。


③お医者さんから処方されたステロイドの「外用剤」は、正しく使うこと。
ステロイドを怖がって薄めに塗ると、効果が発揮されないままのその状態を「維持」し続けてしまう。
アトピーの肌には、疾患がある場所とそうでない場所で凹凸があるため、炎症を起こしている凸の部分を埋めるように塗らなければ効果は期待できない。
よって、すり込むのではなく、覆いかぶせるように塗り、たっぷり使うこと。
また、ちょっと良くなったからといって薬を塗るのを止めない。
皮膚の症状が完全に綺麗になるまで続けなければ再発の可能性が残ってしまうので、自己判断で薬を中止せず、必ず医師の指示を仰ぐこと。


ステロイド薬の適量…患部が大人の手のひら2枚分として、ステロイドを人差し指の先から第1関節まで(約0.5G)使うのが正しい量の目安。
多くの人は副作用を警戒して少量しか使わない人が多い。


※私も誤解していたのですが、ステロイドを使うことによって、肌が黒くなるわけではないそうです。
むしろ、ステロイドには肌を白くする効果があるのだとか。
患部を強く摩擦したり、かきむしったりすることで、メラニン色素が集まってきてしまうため、色素沈着が起こるとのこと。
→「こすってはいけない!」を読む。


だから、薬はきちんと使って、早めにかゆみを抑えたほうが肌は綺麗になるのですね。


④塩水で体を洗うのは効果的か?との質問に対して…塩水には殺菌効果があるが、刺激が強いため、塩水で体を洗ったらすぐに真水で洗い流すこと。


⑤汗も同じで、汗の中の油分(皮脂)には、保湿・バリア効果があるので、過剰に気にする心配はない。
ただし、汗にも塩分が含まれているため、こまめに拭いたり、洗い流して清潔に保つことが大事。


私も、20歳過ぎてアトピーを発症した経験があります。
それは、飲食店のアルバイトをしているときに、常時強い洗浄剤の蒸気を浴びていたせいで、皮膚のバリア機能が低下したためです。


現在は完治していますが、再発防止に、毎日度がすぎるくらいの(笑)保湿と、こすらないケアを実践しています♪


難病と言われていたアトピーのメカニズムが徐々に解明されつつあるようで、今後の研究に期待を持って注目していきたいと思います。

------------PR------------------------------------------------------------------

髪だけでなく、肌にも使えますので、洗顔の後のパックやオイルマッサージにもオススメです♪
高純度100%純粋国産椿油、カメリアオイルゴールド。
他の椿油との違いは、「無臭」「べたつきが少ない」「国産」「口に入っても大丈夫」なオイルであるということ。
Goods_oil_2

椿油は動物性の油や石油系の油と違い、人の皮脂と同じ成分の「オレイン酸」を豊富に含んでいる為、肌表面に負担を与えることが少なく、また表皮にバリアのような油膜を張ることで、水分蒸発による乾燥を防ぎ、肌をすべらかに保つと言われています。

また、「椿乃華カメリアオイルゴールド」は何度も精製して、基準よりも純度の高い椿オイルとなっております。
不純物や精製度の低さが原因で起こる油焼け等の心配はありません。

まずは4点入ってお得な「無料サンプル」から試してみて下さい↓
http://tsubakinohana.net/randing/index.html

9月のキャンペーン始まりました♪

Cam_2

 

商品のお買い上げは、「お買い物(椿乃華オンラインショップ)」へどうぞ!
http://buneitsubaki.shop-pro.jp/

« 足のむくみ、悩んでいませんか? | トップページ | 蒸しタオル活用法 »

スキンケア」カテゴリの記事

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

椿乃華

椿乃華