フォト
無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

« 血流を良くする入浴マッサージ | トップページ | 界面活性剤の役割 »

2011年6月30日 (木)

睡眠こそが美肌を保つコツ!

人間の睡眠は浅い眠り(レム睡眠)、深い眠り(ノンレム睡眠)を繰り返しています。
このノンレム睡眠のなかでも最も深い眠りである「深睡眠(しんすいみん)」のとき、お肌にとって最も有効な成長ホルモンが多く分泌されることが分かっています。

美容の先進国と呼ばれるイタリアでは、「夜は肌を再生させるゴールデンタイムshine」という言葉があります。
睡眠前後、22時~26時はお肌の手入れをし、十分な睡眠をとることが美肌の秘訣と言われているそうです。
また、肌の美しい女優で知られる吉瀬美智子さんや、綾瀬はるかさんなどに「美肌の秘訣は?」という質問をすると、
決まって「特に無いけれど、よく眠ることです」と言われるそうです。
肌と睡眠には密接な関係があるのですね!

美肌を目指すためにもっとも重要なことは、水分・油分のバランスと、睡眠サイクルです。
この二つが組み合わさることで飛躍的に効果がアップしますので、できるだけ深睡眠を午後10時から午前2時までの間、
お肌のゴールデンタイムに迎えることが理想です。

また、就寝前のお手入れも重要です。

皮膚の表面である角質層には水分が蓄えられていますが、これらは加齢とともに肌の蓄えられる水分量は徐々に低下し、お肌のツヤやハリが失われていきます。
それは、保護膜である「皮脂(適度な油分)」が減少してくことが一つの要因です。
油分というと何かと嫌われがちですが、肌内部の水分の蒸発を防ぎ、保持するという大切な役割があるのです。

椿油の主成分はオレイン酸と言われ、人の皮脂の主成分と同じ。
お手入れの最後にほんの1〜2滴をうすく肌に伸ばすだけで、年々減少していく皮脂の代わりとなって肌内部の水分の蒸発を防いでくれます。
余分な物を与えすぎず、また必要なものを奪いすぎないケアが、潤いのあるお肌を保つことを可能にしてくれますよ。

早寝早起きに心がけ、自身にあった最小限の化粧品から力を借りて素肌美人を目指しましょう。

Goods_oil

髪にも肌にも使える椿油の無料サンプルはこちらです。
http://tsubakinohana.net/randing/index.html

お得なキャンペーン随時配信中
http://ameblo.jp/bunei-tsubaki/

« 血流を良くする入浴マッサージ | トップページ | 界面活性剤の役割 »

スキンケア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1532862/40614143

この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠こそが美肌を保つコツ!:

« 血流を良くする入浴マッサージ | トップページ | 界面活性剤の役割 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

椿乃華

椿乃華